うちの家ははっきり言って狭い。
広さ的には普通のサイズの3LDKだけど、荷物が多いんだよね。
購入の際に和室をなくして洋室に変えているので押入れがない。
替わりにクローゼットがあるけど、だだっ広い押入れと比べると収納部分は少ない。

そのうえ、本(文庫・コミックス)が多い。
何年かに1度、整理をしているのだが、また今どうしようもなくなり、整理をする時がきたようだ。

前回の整理のときは、私は「こちら葛飾区亀有公園前派出所」をあきらめた。
すでに100巻以上あったんだけど・・・
今回は「美味しんぼ」をあきらめる。
かとんもなにか選んでるみたいだけど・・・よくわかんない。
うちの家の本が多い理由のひとつに趣味の違いもある。
私はかとんが持ってる本はほとんど読まないもん。
かとんが私の本を読んでいるところなんか見たこともないし。
かぶらないから持ち物が増える。
お互いに読みあうのは「東野圭吾」ぐらいかな?

美味しんぼを処分することに決めたことで、私が持っているコミックスのほとんどは「立原あゆみ」となった。
コレだけは、どうなっても処分できない大事なものだ。
小学生時代から大ファンだから。
高校時代に集めたものは、家を出ているすきに親に処分されているものもあるけど、昔から買い揃えているものがほとんど。
立原あゆみを入れるスペースもなくなるなら、迷わずコンテナでも借りちゃうって思う。
あとは、文庫サイズのサザエさん全45巻。
まぁ、コレはたいしたサイズじゃないけどね。

かなぴーも結構買い揃えてるけど、ようやく「ピーチガール」なんかを処分するそうだ。
処分前に読んでおきたかったけど、もういいや(笑)

急に処分に踏み切ったのは、かとんの「島耕作」オトナ買いのため。
シリーズ、ほぼそろってしまってるし・・・
色々あるんだね、ヤング・主任・課長・部長・取締役・常務・・・
まぁ、いいんだ。
空いたスペースに、まだ買っていないあゆみさんの本が買えるから。
amazon、待ってろ~だよ。

思い切ったら、結構スペースが出来たとかとんが言ってた。
本の陳列(いや、収納?)なんかは、かとんの好みで。
よくわからんジャンルわけで入っている。
お任せできるのはラクなんだけど、どういう風に入っているのかさっぱりわかんなかった。
よく聞けば、リビングの書棚にはまだ連載中のものや文庫本が入っているそうだ。
知らなかった・・・
ってことは、もうハリーポッターも移動されるってことかな?
確かに、古いものほど裏に、奥に・・・並んでいたりする。
でも、よく見たら自分の好みのものがリビングに出ているような・・

東野さんもリビングの書棚に並んでいる。
先日、読み終わった本をテキトーに並べてたら注意を受けた。
なんと、出版順に並んでいたそうだ・・・
はい。
あなたさまが几帳面なのはわかっております。
子どものお道具箱や裁縫箱なんかの名付けもすべてかとんの担当ですもん。
一家に一台って感じだよ。

大変失礼いたしました・・・
今後は出版順に並べます。

で、処分方法は?
ブックオフ?千葉鑑定団?古本番長?
どこに出しても1冊10円ってカンジなんだよね~。
めんどくさくてもオークションの方がいい値段になるんだけどなぁ。
せいぜい1冊100円ほどの値はつくもん。
まぁ、しょうがないか・・・

f911d24c.jpg